歯列矯正の種類と特徴をご紹介

歯列矯正の種類やそれぞれの特徴について紹介しているサイト

美しい歯は身だしなみの1つ?気軽にメンテナンス

1番主流なワイヤー矯正

歯列矯正といえば多くの人が思い浮かべるのがワイヤーで行う方法でしょう。
よく、矯正中の人と会話や食事などした時に器具が装着されていますが、あのワイヤーを数回の通院によって少しずつ移動させていき、歯を正常な位置にしていくという1番一般的な矯正方法です。

ワイヤー矯正にも、歯の表面に行うタイプと裏側に矯正器具を装着するタイプとがあり、どちらも装着器具を自分で取り外さず、通院時に歯科医師によって動かします。
見た目を気にする人は歯の裏側に行うタイプを選択しますが、表側に行うよりも高い技術や手間が必要なため通院時にかかる施術時間も費用も高くなることが多いです。
矯正にかかる時間も個人差や歯の状態などによってさまざまなため、はじめにどのくらいの期間を要するのか確認しましょう。

マウスピース矯正は今後の主流に?

歯列矯正は高額であるということで二の足を踏んでいた人が選ぶ例が増えているのがこのマウスピース矯正です。
一般的なワイヤー矯正と違い、通院の回数も期間、費用についてもかなりの違いがありますし、歯科医院で行うものもあれば通信タイプでほぼ完全に自宅で行うタイプのものもあります。

矯正したい状態に合わせたマウスピースをいくつか作ってもらい、それをできるだけ長く装着して過ごすことで歯を動かすもので、原理としてはワイヤー矯正と変わりません。
しかし、マウスピースは自分で任意に取外しできるため、外している時間が長いとなかなか結果が現れずいつまでたっても矯正が終了しないという事態も考えられます。
通信などのマウスピース矯正は費用も安くチャレンジしやすいというメリットはありますが効果のほどは個人差がかなりあるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る